離乳食ご時世にイージー!野菜の冷凍永続ヒト�J【たまねぎ・さやいんげん】

●たまねぎ●
玉ねぎを冷凍したい場合には、皮を剥いて薄切りにしたものを、柔らかく茹でていきます。
【離乳時分に合わせた冷凍長続き】
・早期
柔らかく茹でたたまねぎを細く刻んで、もっとすり潰していきます。
・中期〜終結期
離乳食のステージによって刻んで赴き、冷凍長続きカバンなどに入れて、フラットとしてから、箸において1回分で取り扱う容量ずつ折り筋をつけていきましょう。
場面:玉ねぎは冷凍すると甘さが増します。すり潰してスープにしたり、煮込み献立などのまま、こういう冷凍した玉ねぎによるのがおススメです。逆に、玉ねぎの舌ざわりを楽しみたい場合には、冷凍した玉ねぎよりは、普通の玉ねぎを活用したほうが、舌ざわりもそれほど食べやすいだ。
冷凍の野菜って普通の常温の野菜という、おんなじ野菜も離乳食のプラスにて使い分ける事で、それぞれの良さによって行く事ができます。
●さやいんげん●
さやいんげんも冷凍できます。短いまま多めに買っておいて、成人事項と離乳食事項にと冷凍しても良いですね。青物が欲しいまま、ほうれん草やキャベツなど、しょっちゅうとは違った根底を食べさせたいままさやいんげんとしてみては如何でしょうか。
【作り方】
さやいんげんには筋があるので、筋を取ってから柔らかく茹でていきます。ゆでおわったらザルにあげてぱっぱと水にさらしておきましょう。
【離乳時分に合わせた冷凍長続き】
・早期
茹でて水にさらしたさやいんげんを細く刻み、二度とすり潰していきます。それを製氷皿に入れて冷凍し、完全に凍ったら冷凍長続きカバンに入れて長続きください。
・中期〜終結期
離乳食のステージに合わせたがたいに刻んで、1食分ごとにラップに包んで、冷凍長続きカバンに入れて長続きください。

離乳食時分、毎日その都度最初食分を調節ステージから作って行くのは、甚だ手間がかかります。養育をしながら仕事をしている人様にとっては、一段とその気持ちが手強いのではないでしょうか。
ですが、子どもの為にって必要な栄養を摂取できるように、日毎慌しい中離乳食を作っているほうが概ね。なので、ここではそういった毎日の離乳食構造で役に立つ、冷凍長続きの手をご紹介していきたいと思います。
離乳食の中で野菜を使わない太陽はありません。でも扱うのは一寸。そんな時に便利なのが冷凍長続き、いわゆるフリージングだ。ほんのり使いたいな…と思ったままもサッと直ちに出して献立に取り扱う事ができるので、冷凍しておくと何かあった時でも常備してあるので、かなり便利ですよ。
こういう冷凍方法では、香味料を使わないので、中心ウィーク程度で平らげるようにしましょう。
野菜といっても根底にて手は異なります。小松菜などの葉雑貨野菜から、じゃがいもなどの根菜など、その根底に適した長続き手がありますので、今回は離乳食の中でもよく使うような野菜をピックアップして、別に対して解説していきます。
単に冷凍に便利な根底は、キャベツやニンジン・大根に玉ねぎだ。これらの野菜は一度にあっという間にゆでで段取りしてしまうと、その時の茹で汁も『野菜スープ』へといった変えて仕舞う事ができるので一石二鳥。冷凍におススメな根底だ。
離乳食を作っているまま、「子どもが泣いてしまってマジ!」「だっこやおんぶをしながらでマジ!」と耐えるヒューマン、ポイントを抜けるところは上手に抜いて赴き、明るい養育生活としていきましょう。http://palliativedrugs.biz/